ジェノザウラー3

今月は出費がかさんでアレな今日この頃。


画像


手が遅くて恥ずかしいのですが、ようやく胴体と尻尾がつながりました。

尻尾は荷電粒子砲発射時のギミックがあるため意外とパーツが細かくて難儀しました。


そしてパーツを紛失。


コトブキヤなら3個は当たり前なんだから!!
べ、べつに部屋掃除する口実じゃないんだからね!!


ともあれかなりながーいキットになりました。

蛇型ゾイドみたいでこれはこれでいいかも・・・と思ったり思わなかったり。

画像

この記事へのコメント

2011年02月20日 12:15
凄いですねぇ~!!
どう仕上げをされるか解かりませんが、これを仮組みとして再度ばらして各パーツごとに塗り分けをして→組み上げ→ウェザリング・・・ここまでやってしまうと当分はプラモ恐怖症ですね・・(^^;f
このモデル、パーツ点数の多さもさることながら稼動部の多さが製作をより困難な物にしている様に思えます。
頑張って下さい(^^)/
2011年02月20日 20:55
か、神隠し!?
いやまだガイシャはこの中にいるはず(長い前置き)
手足付ければもう少しコンパクトになるのでしょうが、
こう見るとデカく感じますね!
ナイフとの対比がまた。

この状態で深夜、枕元にぬそっと(B級の見過ぎ)
2011年02月20日 23:00
えらいこっちゃ!えらいこっちゃ!(挨拶)
あれだけパーツが多いと紛失しそうなのは
わかりますがまさか本当に消えてしまうとは。
コトブキゾイドがパーツの販売をしているのか
知りませんがあればまさに命綱。
速く見つかることを願っています。

ジェノザウラーが荷電粒子砲を発射する時の
尻尾の排熱フィン展開したポーズは
かっこいいですよね!
あの発射体制と尻尾での排熱は後の
荷電粒子砲を装備したゾイド全般の共通機構なので
ゾイド好きとして、とても魅力を感じる
ポイントです。(`・ω・´)
2011年02月21日 07:39
>ことっちさん
これを再度バラシはかなりきついですねー。
可動ギミックはうれしい反面パーツの細分化や強度の点で不安が残ります。

>キリンさん
そうですね手足が無いと異常に長く見えてしまいます。
部屋掃除すれば見つかると思いますがこの前掃除したばかりなんだよね。

枕元に出たら怖ッ。

>ミスターZさん
パーツ請求はありますので大丈夫です。
ただし小さいパーツなのでなくても大丈夫かな、と悪魔のささやきが。
荷電粒子砲発射ポーズはこのキットの売りであると同時に弱点でもあります。
尻尾から頭部までが一直線にならないので改造しようかどうか悩み中です。
2011年02月22日 19:31
いろんな意味でヘビー(?)

ここんとこ全くなんで、欲求のかさ上げで拝見してます。
…にしても、パーツを無くす漢なフォース。
聞いているだけでウラヤマスぃ~
2011年02月23日 22:43
>ドラゴンファットさん
うまい!!
欲望のはけ口にされているワタシ・・・
ぞくぞくしちゃう。

・・・
もちろん全体に影響の少ない小さいパーツですよ。
さすがに大きいパーツをなくしたら超焦ります。
2011年02月23日 23:02
ゾイドは外見からギアとかシリンダーが見えていて、動くパーツなのか動かないパーツなのか区別しにくいです。
さすがに一般工具から流用は無理そうですね。
2011年02月25日 23:11
>ひるまさん
ゾイド特有のディテールの流用はなかなか難しいですね。
内部機構むき出しなのが他のメカ物に無いゾイドらしさともいえます。

この記事へのトラックバック