ジェノザウラー6

免疫機能のペズンの反乱も治まったようで、症状一旦休止。

ジェノザウラーの完成。

機体紹介
大型ゾイド「デスザウラー」の再生過程でその幼生体と思われる固体から開発されたティラノサウルス型ゾイド。

オーガノイドシステムと呼ばれるオーバーテクノロジーを搭載し高い戦闘能力と凶暴性をもつ。

アニメではライバルの「レイヴン」が搭乗しブレードライガーと激戦を繰り広げた後、発展型の「ジェノブレイカー」となる。

コトブキヤのデスザウラー発売しないかなー。

では。

画像


横に長いので撮影に苦労しました。

画像


ロングレンジパルスレーザーライフル

白一色なのもどーかなーと思って細かいところに色をつけてみました。
上下左右に動きます。
ジェノザウラーが左右にあまり首を動かせないのでポーズは限定されるかも。

画像


尻尾

左右にくねくね動かせますし節ごとに上下に動かせます。
中央を走るパイプは紫→金属色に変更しました。

画像




マグネッサーシステムでホバー移動できます。
荷電粒子砲発射時の脚部の負担を軽減するためだそうです(つマドロック ナカーマ)
アンカーが可動します。
写真はアンカー下げ状態。
各部の赤いフィンはやはりシルバーに変更しました。

画像


ハイパーキラークロー

よく動きます。
作業中、撮影中、指に刺さりまくりました。
アニメではワイヤーをつけて射出していましたがプラモではギミックはついていません。


画像



口腔内の荷電粒子砲はカットして設定どおり短縮。
通常状態でも長いままだと違和感ありましたので。

荷電粒子砲発射モード

画像


尻尾のフィンが開き冷却モードになります。
トミー製では再現されていなかったところ。

画像


あっちこっちがパカパカ開きます。
口腔内の粒子砲は差し替えで発射形態に。

画像


部品の干渉で尻尾から頭まで一直線にならないのが残念。


ここからはゲストに登場していただいて・・・

画像


踏みつけポーズがよく似合う。

画像


しっぽをふるこうげき!!

画像


「プラモシミュレーションは、プラモとプラモの真剣勝負だ!いいかげんに作ったら負けてしまうぞ!」

楽屋で演技指導を受けるジェノたん

画像


苦労した割には反省点の多いキットになってしまいました。
紫とか赤の成型色って素組みだと難しいですねー。
もっとつや消しにしておけば良かった。

機会があればもう一度作りたいなー。

コトブキヤさんデスザウラーをぜひ発売してください!!
3万でも私は買います!!


この勢いのままフォルゴーレにいきま~す。

この記事へのコメント

2011年04月17日 19:56
凄いパーツの多さに驚き!!
これを細部にわたって塗り分けたる事ができたら圧巻でしょうね・・恐らく、真っ白な灰になっちゃいそうですね(^^;f
猛々しくガンダムを踏みつけておきながら、実の所ガンダムに確り演技指導を受けて頭が上がらない所がジュノの本来の性質の様で可愛くて面白かったです(^^)v
次ぎの作品も期待しています(^^)/
2011年04月18日 00:42
全作業終了お疲れ様です。
うぬぬ、何度見てもかっこいいですねー。
背中のゴツいレーザーライフル、
名前の割に映像作品ではキャノン砲のように
単発で弾を発射しているのがちょっと違和感。
決して悪い意味ではありませんがガンダムの
ビームライフルと比較するとちょっと
地味だと感じた記憶がよみがえります。

まあ荷電粒子砲がかっこいいからいいけどね!(笑
この勢いで次はデスザウラー・・ごほんごほん。
ではなく、フォルゴーレを頑張ってください。
2011年04月18日 13:10
完成おめでとうございます。

パーツも多そうですし、細部にわたる部分塗装&デカールは大変だったと思います。大きさはRGと比べるとなおさらですね(笑)

お次は飛行機ですな。82式師は作品のバリエーションが広くてオモシロし!
2011年04月18日 22:38
完成おめでとうございます。
大型のキットだったのだと改めて知りました。
2011年04月18日 23:57
>ことっちさん
コメントありがとうございます。
完成してみるとああすればよかった・・・と色々感想が出てくるものですがまずは完成させてのプラモなので次回に生かすと言う事で。

>ミスターZさん
キャノンは確かにあまり印象的な活躍はしていなかったような。
むしろアニメゾイドは肉弾戦が多かったですからね。
しかし荷電粒子砲をブレードライガー1体に対して使うって、レイヴンどんだけー。
2011年04月19日 00:02
>ドラゴンファットさん
改めてでかいキットだなぁと思いました。
でかい割には内部フレームも見えるので細かく作りこんでありました。
うーんやっぱりもっとメカメカしく塗り分ければよかったかな。
ドラゴンファットさんも色々作られておりますので参考になります。

>ひるまさん
ありがとうございます。
1/72スケールなので飛行機などと比較しても大きい部類に入りますね。
モビルスーツのほうがもっと大きいのでこれぐらいのほうがリアリティがあるのかな、と思いました。
2011年04月20日 01:26
いやー!私のガンダムがー!(誰よ的挨拶)

昔のゼンマイゾイドをしっている身としては、そもそもこのリアルさにびっくりでさー!

そういえば、このシリーズ、イモムシ型とかありましたよね。
すごい幅ですよね…作るかどうかはさておいて。(生理的な意味において)
2011年04月21日 00:35
完成おめでとうございます!
そしてお疲れ様でした。
改めて情報量の多さにびっくりしました。
金属色の各塗装もバランスよく配分されおり、
実在していそうな雰囲気を感じます。
リベンジしてみたいと仰いますが、
RGでヒーコラいってる私なら音を上げてしまいますわ(汗
よーしプラモシミュレーションなら私もベアッガ…んがくく。
2011年04月21日 08:08
>モリタケンジさん
ニナさんおつかれさまです。
ゼンマイゾイドもなかなか味わい深いものがありますがいかんせん動力の関係でフォルムが崩れがち。

イモムシ型はモルガですね、実家にあります(笑)
昔のゾイドはマイナーな生き物までかっこよく仕上げるアレンジの神さかげんがたまらんです。

>キリンさん
ありがとうございます。
表面にメカの露出するゾイドの魅力は情報量の多さだと思ってます。
逆にRGやシナンジュの工作を見ているとキリンさんもブキヤ信者になりそうなにおいがしますが・・・
いつでもお待ちしています。

ベアッガイの目に水鉄砲を仕込んでおくといざというとき(?)役に立つかもしれませんです。

この記事へのトラックバック