こっそり

ちょっと行き詰って放置していたものを・・・

画像


画像


その日、宿敵に出会う・・・


構図的にはいまひとつですが、ジェノの質感にこだわってみました。
紫を抑えて暗い感じに。


ちなみにブレードはコトブキヤの製品見本をお借りしました。


もうちょっとROM専状態が続くかも。

この記事へのコメント

2011年06月25日 17:53
ほぼおんなじ状態です。

作品のお色、というか雰囲気ががずいぶん変わるもんですねー
ただ、凝視しても2枚の違いが全くワカラナイ…(目、目がぁー)
82式
2011年06月25日 23:37
>ドラゴンファットさん
そちらもいろいろお忙しいようで状況お察しいたします。
あんまり動きもエフェクトもないのでリハビリがてら作ったのですが・・・なかなかどうして。

二枚を交互に見ると浮き上がって見えます(嘘)

ブレードライガーの色を若干変えてあります。
2011年06月26日 04:26
こっそりさせねぇー!(江頭的な挨拶)

あいや、お疲れ様です。
人生色々ばかりでアレかとはお察ししますが、お互い、死なないように生きていきましょう。

それはそうと、特撮が相変わらず素敵過ぎ。
エフェクトだけではなく、巧みに調整された色バランスなど…ますますレベルが上がってきてますなななっ!
2011年06月26日 22:14
>モリタケンジさん
ありがとうございます。
あと少しで抜け出せそうな気配なのですが・・・

仕事での試行錯誤はつらいですが趣味であればあまり苦になりませんなー。
2011年06月26日 23:44
模型雑誌を見ていても、対峙シーンは“どうも遠近感が・・”なケースが多いです。
CGになってしまいますが、やはり質感といえばアーマードコアフォーアンサーのホワイトグリントが最高ですね。
あの時は「これで映画がつくれるんじゃないか」と本気で思ったほどです。
82式
2011年06月27日 22:57
>ひるまさん
コメントありがとうございます。
ホワイトグリントはステキでした。
あの塗装のはげとか、白い機体への汚し塗装とかリアルの極地にありましたねー。
2011年06月28日 00:37
だるまさんがころんだー!(こっそりを制す挨拶)

折り合いをつけながら無理せず
ってのが長く楽しむこつでいいのだと思います。

ジェノさん待ってましたー!
うおー!渋いカラーリングも良いですね。
なんて言うのかしら、CGというよりパステルで描いたような画風?
スミマセン…知ったかぶりですね。
う~む、ここからどんな戦闘が繰り広げられるのか、
兎に角凄い緊迫感に固唾を呑んでしまうような状況ですね。
2011年06月28日 14:55
ピント照準を変えたり色を変えたりするだけで
差がでてくるもんなんですねー。
やはりプラモを使うと手描きより質感がでて良い。
綺麗に見えて傑作と思えるCGオンリーが
実は1番質感がでないのはここだけのお話。
個人的にその最たる例と思うは
人が涙を流すシーンです。

自分も小説の内容が浮かばなくて手詰まり状態。
アイディアが出ないのはつらいです・・・orz
2011年06月28日 21:02
私も現在行き詰っています。
折角、東京にプラモと作成キットを持ってきたものの「さあ!造るぞ!!」と、いった矢先
「接着剤がない(TT)」
お後が宜しいようで(^^;f
82式
2011年06月30日 23:07
お返事が遅くなり誠に申し訳ありません。

>キリンさん
ちょっと色調を抑えすぎたかもしれませんな。
構図的にはただ置いただけになってしまったので、もう一作納得のできるデジラマを作りたいです。

>ミスターZさん
CGも進化してきましたが、まだまだって所でしょうか。
要所要所で使うと非常に効果的ですよね。
お互いにがんばっていきましょう。

>ことっちさん
さあ作ろうってところで材料不足が判明すると物凄いモチベーションダウンですよね。
スナップフィットじゃないだけにその状況はかなりつらそうですな。

この記事へのトラックバック